肉喰うだぁ。最強の付け合わせ。じゃがいものグラタン・ドフィノワの作り方

グラタンドフィノワの作り方
Sponsored Link

今回はじゃがいもだけでつくる簡単フレンチ、グラタン・ドフィノワのレシピ。

手軽なビストロから高級レストランまで、プロも大好き定番の付け合わせです。

ぼくも大好き。にんにく風味のシンプルなグラタン。美味しいです。

今回紹介するレシピはオーブントースターでも再現できます。

簡単で本格的な愛すべきフランス家庭料理。

ステーキ、煮込み、なんでもいいです。肉と合わせて食べるとうまいんです、これが。

材料

(2~3人前)

じゃがいも(メークイン) 小4個(300g)

にんにく 2片(すりおろし)

牛乳 300g

生クリーム 100g

ナツメグ

ミックスチーズ

粉チーズ   各適量

プロが教えるポイント

グラタンドフィノワ

とろみはじゃがいものデンプンで

一般的にグラタンを作る場合に使うホワイトソース。

バターで色付かないように小麦粉をソテーしてルーをつくって、牛乳で伸ばして濃度を付けたソースですね。

ただこのグラタン ドフィノワだけは特別。

じゃがいもの「デンプン」を利用して濃度を出します。

なので、じゃがいもは水にさらさずに、デンプンが外に流れ出ないようにすることがポイント。

生クリームで濃厚に

ホワイトソースと違って、粉もバターも入れないので、グラタンらしいどっしりとしたコクを出すのが難しいです。

なので生クリームで濃度とコクを出します。

今回は牛乳とクリームを3:1で作りましたが、比率を変えてたっぷり使っても濃厚で美味しいです。

作り方

じゃがいもは水にさらさずに。

まずはじゃがいもの皮むき。

今回はでんぷんを利用して濃度を出すので、皮を剥き終わったらサッと洗って水にはさらさないこと。

2,3ミリを目安にスライス。火の入りがまばらになるので。厚みはなるだけ均一に。

スライスしたじゃがいも

薄すぎると火にかけたときボロボロになるので、厚すぎず、薄すぎず。

スライサーがあれば楽です。早いです。正直オススメ。

300gで大体このくらい。

ボウルに入ったじゃがいも

じゃがいもだけでつくるホワイトソース

液体を煮詰めながらじゃがいもに火を入れて、ホワイトソースをつくります。

じゃがいもがギリギリ浸るくらいの、底の広いものがオススメ。

底が焦げ付きやすいのでテフロンがベストです。

フライパンにじゃがいも、牛乳、クリーム、すりおろしたニンニク。

本格的な味に近づくナツメグをポンポンって入れて。

フライパンにじゃがいもと生クリームと牛乳とニンニクとナツメグを入れる

強火で沸かして、沸いたらかるーく沸くくらいの火加減に。

じゃがいもの入ったフライパンを火にかける ゴムベラで混ぜながら加熱する

底が焦げ付きやすいのでゴムベラを使って混ぜながら。

じゃがいもが崩れやすいのでやさしくやさしく。

そのまま食べられるくらいじゃがいもがやわらかくなったらOK

ゴムベラで底をなぞって液体の濃度がこのくらい、モーゼの十戒してたら完璧です。

濃度が出たじゃがいものグラタン

ゆるいようなら強火でサッと煮詰めて、

じゃがいもに火が入らず煮詰まりすぎるようなら牛乳、クリームを少し足して調整。

最後に塩で味付けして完成。

美味しそうに色付ける

焦げ付かないようにバターを塗ったグラタン皿に、じゃがいもクリームを流し入れる。

じゃがいもクリームをグラタン皿に入れる

上からミックスチーズと粉チーズをたっぷり。

粉チーズとミックスチーズをたっぷり振ったグラタン

180度のオーブンで2~30分。美味しそうに色付けば完成です。

美味しそうに焼き色のついたグラタンドフィノワ

じゃがいもに火は通っているので、焼き色さえつけばOK

焼き色が均一に付きづらいですが、オーブントースターでもなんら問題ないです。

グラタン・ドフィノワの食べ方

グラタンドフィノワの食べ方

シンプルなグラタン。

肉との相性がもう、最高。ステーキ、赤ワイン煮、定番です。

いやはや愛すべきフレンチです。

Sponsored Link