レストランみたいなバターライスの作り方を、プロのレシピで紹介します

Sponsored Link

こんばんは、ゴジです。

今日は本格的なバターライスのレシピを紹介。

カレーやドリア、ハッシュドビーフにチキンライス。洋食には欠かせないですね。

シンプルな料理ですが、作り方もいろいろあります。

炊いたご飯にバターを合わせるなんちゃってから、バターを入れてご飯みたいに炊くもの、などなど。

お手軽レシピはネットに溢れているので、今日はフレンチ仕様のプロの炊き方で紹介します。

と言っても簡単なんですけどね。

 

材料

玉ねぎ 80g

バター 20g

米 300g

水 300g

塩 適量

 

プロが教えるポイント

米は洗わず、油を吸わせる

バターライスはしっかりバターの香りを吸わせてあげるのがポイント。

水で洗うと水分を吸収してしまうので、油が入りにくく米の表面に油が浮きます。ギトギトになります。

なのでバターで炒めて油を吸わせてから、水を入れることがポイント。

水で洗うと米が割れやすくもなるので、必ず洗わずに。

 

炊くときに水分を吸わせる

普通のごはんを炊く時は、米を研いでしばらく吸水させてから炊きますよね。

炊く前に水分を吸わせているので、焦げづらいです。

 

バターライスは生米から炊くので、当たり前ですが水分が少ない。

ごはんを炊くように作ってしまうと、底の方がすぐに焦げ付いてガビガビに。

火にかけながら米に水分を吸わせて、炊き始めることで焦げにくくなります。

どうしてもコンロで作るとおこげは出来ちゃいますけどね。

ストウブや、ルクルーゼで有名なココット鍋なんかをオーブンに入れて炊く時は、これをするかしないかで全く違うので知識として。

 

作り方

鍋にバターを入れ、弱火にかける。

 

バターが溶け切る前に玉ねぎを入れ、塩をひとつまみ。

水分を出して、玉ねぎの味を凝縮。

 

焦げない様に底の方から混ぜながら、半透明になるまで加熱。

 

米を入れ、これも底の方から混ぜながら半透明になるまで。

 

このくらい透き通ってきたら、水を入れて強火に。

 

底から混ぜながら沸かす。

 

しばらくそのまま沸かし続けて、水分を米に吸わせる。

底の方から混ぜながら、焦げない様にすること。

このくらいが目安。底に線が引けるくらい水分を吸わせる。

 

できる限りの弱火にして、蒸気が逃げない様にアルミをかぶせてフタをし、12分

 

12分経ったら火を止め、一度フタをあけて確認。

綺麗に炊き上がっていれば、フタをして10分蒸らす。表面が水っぽければ、3分程度追加で加熱。

蒸らし終わったら、底の方からよく混ぜて塩で味付けして完成。

 

底についた焦げも酷くないはずなので、おこげとして食べられます。ただ普通のごはんのおこげよりは固いので注意。

 

仕上げ

カレーやドリア、チキンライスは定番。フレンチでは、肉や魚の付け合わせとして使います。

今回はとろっとろのレア卵とピクルスを散らしてタルタルステーキ(フランスのユッケ)風に。

ウスターソースで味付けする意外な組み合わせですが、これがとっても美味しい。

お試しあれ。

Sponsored Link