自家製ラムレーズンで、市販のアイスもジェラート屋さん!5分で作れる簡単レシピで、パウンドケーキもお店の味に!

Sponsored Link

鉄分、食物繊維が豊富で、貧血予防から便秘解消

ブドウ由来のポリフェノールも豊富で、デトックス効果もあるレーズン。

料理ではクスクスに入れたり、お菓子ではパウンドケーキやチョコレート、クッキーにも使いますね。

 

今日はそんな栄養たっぷりのレーズンを使った、ラムレーズンの作り方を紹介します。

レーズンもラムも、今やコンビニで手に入ります。

簡単にできて美味しい。長期保存も出来るので、この機会にどうでしょう?

 

材料

レーズン 100g

ラム 80g

グラニュー糖 80g

ラムとグラニュー糖は目安。容器に合わせて、1:1の割合で。

 

プロが教えるポイント

砂糖を入れて、ラムシロップに

ラムレーズンには砂糖を入れないレシピも多いですが、ぜひ入れてみて下さい。

そのままラムに漬けるより、味はまろやかになり、お菓子の中に入れる時も馴染みやすいです。

 

あとなんといっても、副産物のラムシロップ。これが絶品。

アイスにかけても良いですし、パウンドケーキを作るときに入れれば、しっとりとラムの香り良く仕上がります。

 

作り方

市販されているレーズンのほとんどは油でコーティングされているので、ざっとお湯で落とす。

たっぷりのお湯を沸かす。

 

レーズンを入れて、ほぐすようにひと混ぜ。

 

すぐにザルにあけてお湯を切る。

 

少ししたらザルに入れたまま、底の方から混ぜて、表面が軽く乾燥するまで置いておく。

 

洗って水気をしっかり拭き取った保存容器をはかりに乗せて、レーズンを入れ0にセット。

ヒタヒタまでラムを注ぐ。

 

ラムと同量の砂糖を加える。

 

底の方を持ち上げるように混ぜて、蓋をして冷蔵庫で保存。

砂糖は溶け切らないので、さっくり混ぜる程度で。

これで完成。冷蔵庫で保存する。

 

使い方

1晩置けば、美味しいラムレーズンの出来上がり。

水気さえきちんと拭き取っていれば、そうそう腐るものではないので、長期間保存ができます。

長く置いたものは、ラムの尖ったアルコールがまろやかになって感動する美味しさ。

 

パウンドケーキやクッキーに。

バニラアイスにシロップと一緒に添えれば、それだけで豪華なデザート。

今回はフランスのアイス、ヌガーグラッセにしました。

Sponsored Link