白ワイン香る「りんごのコンポート」のレシピ。シナモンとレモンでさっぱり大人味の簡単デザートです

白ワイン香るりんごのコンポートのレシピ
Sponsored Link

今回はりんごの皮も種も、余すことなく使った「コンポート」の作り方。

たっぷりの白ワインで煮込んでリッチな酸味。さっぱりとした味はこれからの暑い季節にピッタリですね。

 

あまったシロップはゼラチンを入れてゼリーに、凍らせてシャーベットに。

りんごの味が濃く出てるので、最後まで楽しめる美味しいスイーツになります。

 

材料

(4人前)

リンゴ 2個

レモン 1/2個

シナモン 1/2本

砂糖 50g

白ワイン 300g

水 300g

 

プロが教えるポイント

美味しいりんごのコンポート

りんごの風味を高める

りんごの皮も種も余すことなく使うことで、シロップにりんごの香りとピンクのきれいな色が出ます。

今回はレモンでよりさっぱりと、シナモンのスパイシーでコクのある香りでリッチに仕上げました。

シナモンをバニラビーンズに置き換えると、アップルパイの中身としても美味しいコンポートになりますよ。

 

今回はリンゴを半割りで煮込んで、よりジューシーなりんごの味を感じられるようにしました。

 

コンポートとは

薄めのシロップで果物を煮込むデザート。

作り方はジャムに似てますが、ジャムよりも糖度が少ないので、さっぱりとした飽きの来ない味に仕上げるのがポイント。

レストランでは女性はもちろん、男性にも好んで食べてもらえる比較的人気のあるデザートです。

コンポートにすると甘味が無かったり、パサパサで水分の少ないフルーツでも簡単に美味しくなりますよ。

 

作り方

コンポートをピンクに発色させる為に、りんごは出来るだけ真っ赤なものを選ぶ。

洗ったりんごの両端を落とし、ピーラーで皮を剥いて縦半分に切る。

真っ赤なりんご 皮を剥いたリンゴ

 

ティースプーンを使って種をくり抜く。

種をくり抜いたりんご

 

鍋にりんごと皮、種、白ワインと水と砂糖を入れる。

上に厚めにスライスしたレモンとシナモンを乗せて、弱めの中火でゆっくりと沸騰させる。

鍋にレモンとシナモンと砂糖とりんごを入れる

白ワインと水の量はあくまで目安。リンゴがギリギリ浸かるくらいの量を入れること。

 

沸いたら弱火にしアクを取り、りんごを裏返す。

落し蓋をして、りんごが柔らかくなるまで煮込む。

りんごの入った鍋 落し蓋をする

 

たまに裏返しながら煮込んで、りんごにスッと串が通るようになればOK。今回は沸いてから30分くらいでした。

柔らかくなったりんごのコンポート

 

串が通ったらりんごだけ取り出してタッパに入れ、シロップを煮詰める。

シロップを煮詰める

 

さっぱり感が重要なので甘くしすぎないように、そのまま飲めるくらいの甘さで火を止める。

煮詰めたシロップ

 

りんごの入った容器にシロップを濾し入れる。

クッキングシートを落として、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。

タッパに入ったリンゴのコンポート タッパにクッキングシートを落とす

 

出来立ては色がくすんでますが、1日置けばきれいなピンク色に。

1日置いたリンゴのコンポート

 

りんごのコンポートの美味しい食べ方

りんごのコンポートとミント

さっぱりとした味は、飽きることなくいくらでも食べられます。

シロップを凍らせてシャーベットにしたものと一緒なら、夏にぴったりのデザートに。

シナモン、りんごと相性のいいバニラアイスを添えるのもいいですね。

 

シロップにゼラチンを入れて、細かく切ったコンポートの入ったゼリーにするのも美味しいですよ。

Sponsored Link