アレンジは無限大!簡単バーニャカウダソースのレシピ。野菜だけにつけて食べるのはもったいないですよ

簡単バーニャカウダソースのレシピ
Sponsored Link

「バーニャ・カウダ」直訳すれば、熱いソース。身近ですが立派なイタリア料理のソースです。

玉ねぎの甘味に、アンチョビ由来の魚のダシ、オリーブオイルの香り

手軽な材料、作り方でここまでコクのある味が出せるのは、イタリアンならでは。フレンチでは真似できません。

 

意外と多いバーニャカウダの使い方

シンプルなソースなので、美味しく作ればアレンジはいくらでもできます。

野菜につけて食べるだけじゃもったいない。

牛乳で伸ばしてスープに、ビネガーとオリーブオイルでドレッシングに、パンに塗ってチーズをかけてトーストも美味しい。

作るときにオイリーにしなければ、ベースとして何にでも使えますよ!

 

使う野菜は好きなものを食べるのが一番ですが、イタリアのイメージの強い夏野菜は特に相性がいいです。

生で食べられる野菜は、切って氷水に少しさらせばシャキシャキに。火を入れる野菜も、歯ごたえ良く茹でたいものですね。

 

材料

(2人前 150g分)

玉ねぎ 1個(300g)

ニンニク 2片

アンチョビ 1缶(35g)

オリーブオイル 30g

 

プロが教えるポイント

バーニャカウダソースとトマトとほうれん草とニンジンとズッキーニ

ニンニクの香りを生かす

バーニャカウダのレシピでよく見かける、ニンニクを牛乳で茹でる操作。

ニンニクの臭みをとって、香りや辛味を落ち着かせる為に行いますね。

 

でもバーニャカウダに関しては、ニンニクの良いとこも悪いとこも生かした方がぼくは好き。

玉ねぎの甘味、アンチョビ、オリーブオイルの香り。ニンニクの臭みを緩和させる要素はいっぱいあります。

なので今回は下茹でなしで。

よくいう臭さはニンニクにもありますが、アンチョビによるものが大きいです。

最初に弱火でしっかり加熱すれば、気になる臭さは絶対出ません。

 

卵黄とオリーブオイルだけで作る「ルイユ」とかは、ニンニクの逃げ場がないので下茹ではしますけどね。

 

アンチョビの骨をしっかり溶かす

アンチョビはカタクチイワシの塩漬け。

イワシは小骨がとっても多い魚ですが、骨は煮込めば柔らかくなります。

イワシの梅煮なんかの骨は柔らかくて食べれちゃいますよね。

 

バーニャカウダソースでも同じこと。

最初にオリーブオイルでアンチョビを煮るように加熱することで、骨のツブツブを感じることなく滑らかに仕上がります。

 

作り方

玉ねぎは火が入りやすいよう、繊維に垂直にスライス。

ニンニクはヘタを取って包丁の背で潰し、皮を剥いておく。

繊維に沿って切った玉ねぎ

 

鍋にオリーブオイル、ニンニク、アンチョビを缶に入った油ごと入れて、弱火にかける。

ゆっくり加熱してアンチョビを溶かし、ニンニクの香りを出す。

オリーブオイルでニンニクとアンチョビを煮る

 

鍋を傾け、焦げない様にたまに底の方から混ぜながら加熱。

ニンニクが軽く色付いたら、玉ねぎを入れ中火に。

色付いtあニンニクとアンチョビ 玉ねぎを鍋に入れる

 

混ぜながら加熱して、このくらい水分が出てきたら弱火に。フタをして蒸すように加熱していく。

玉ねぎの水分が出る

焦げない様に、たまに底から混ぜること。

 

玉ねぎがクタクタになるまで加熱する。

少し食べてみて、甘味のある美味しい状態になったら火を止める。だいたい20分くらい。

熱いうちにミキサーに入れて回す。

甘く美味しくなるまで加熱した玉ねぎ バーニャカウダソースをミキサーに入れる

 

10秒もすれば見た目は滑らかですが、まだザラッとしてます。最低でも30秒くらいは回して滑らかに仕上げること。

滑らかなバーニャカウダソース

 

すぐに使わないのであれば、タッパに入れてラップを落とし、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存。1週間程度は持ちます。

タッパに入れたバーニャカウダソース

 

仕上げ

バーニャカウダソースをかけた鶏ムネ肉のソテーとプロヴァンス風トマトとバターライス

生クリームで伸ばせばクリーミーに。オリーブオイルなら香り良く仕上がります。

どちらで伸ばす場合も少量ずつ加えて、あまりシャバシャバにならないようにすること。

バーニャカウダは、たっぷりディップできた方が美味しいです。

ひどく分離してしまったら、少し水を入れてあげると元に戻りますよ。

 

今回は煮詰めた白ワインとクリームで伸ばして、ソテーした鶏ムネのソースに。

バターライスとプロヴァンス風トマト。パクチーを添えて、洋風カオマンガイにしました。

Sponsored Link